ドヴォルザーク ミサ曲二長調 op.86

髙田三郎 混声合唱組曲「水のいのち」

41aMQSi4NSL._SX379_BO1,204,203,200_.jpg
41a6bM7BXrL._AC_UL320_SR226,320_.jpg

本年9月より、心機一転、ドヴォルザークのミサ曲に長調と髙田三郎「水のいのち」のレッスンに取り組みます。

演奏会の日時は未定ながら、オーケストラとの共演への見通しがつかないことから、オルガン、またはピアノと混声合唱団のための作品を検討したところ、上記の2作品を選曲致しました。

 

いずれも、内容の深さと音楽的な感興の豊かさに満ち、日々のレッスンも充実したものとなることでしょう。


​また、この2作品は、かつて福島章恭が、プラハのスメタナホールで指揮をした想い出のカップリングでもあります。