© 2019 by Veritas Choir TOKYO. Proudly created with Wix.com

1S9A8687.JPG

音楽監督・ヴォイストレーナー

​福島 章恭

​Akiyasu Fukushima

桐朋学園大学声楽科卒業。大阪フィルハーモニー合唱団指揮者。1996年、ベルギーのナミュールにて、フリーダー・ベルニウスの合唱指揮マスタークラス受講。「最高のコーラスマスター」として(故)堤俊作、井上道義、尾高忠明、大植英次、ペトル・ヴロンスキー、ラドミル・エリシュカ、シモーネ・ヤング諸氏から絶大な信任を得る。

2004年、髙田三郎「水のいのち」をウィーン初演。2005年プラハ・スメタナホールにてドヴォルザーク「ミサ曲ニ長調」。2006年ウィーン楽友協会ホールにてモーツァルト「交響曲40番」「レクイエム」(チェコ・プラハ管)。2010年バチカン・システィーナ礼拝堂にて合唱コンサートを指揮。2013年8月、ライプツィヒ聖トーマス教会にてバッハ「ロ短調ミサ」、2016年3月同教会にてバッハ「マタイ受難曲」を指揮。2017年12月、ウィーン・シュテファン大聖堂およびカプツィーナ教会にてモーツァルト「レクイエム」。本年9月、ライプツィヒ聖トーマス教会にてバッハ「ロ短調ミサ」を再指揮。2019年6月、ベルリン・フィルハーモニーホールにて、ブラームス「ドイツ・レクイエム」(ベルリン交響楽団)を指揮。

音楽評論家として1994年アリオン賞(柴田南雄音楽賞)奨励賞受賞。

著書「新版クラシックCDの名盤」「同演奏家篇」「同大作曲家篇」(宇野功芳・中野雄共著 文春新書)は共にベストセラーとなる。「モーツァルト百科全書」「モーツァルトをCDで究める」「交響曲CD絶対の名盤」「バッハをCDで究める」(毎日新聞社)ほか。自他共に認めるアナログ・オーディオマニアである。